社会保険手続

社会保険の扶養に入れる基準

(1) 被保険者の直系親族、配偶者(戸籍上の婚姻届がなくとも、事実上、婚姻関係と同様の人を含む)、子、孫、弟妹で、主として被保険者に生計を維持されている人
※「主として被保険者に生計を維持されている」とは、被保険者の収入によりその人の暮らしが成り立っていることをいい、かならずしも、被保険者といっしょに生活をしていなくてもかまいません。

(2) 被保険者と同一の世帯で主として被保険者の収入により生計を維持されている次の人
※「同一の世帯」とは、同居して家計を共にしている状態をいいます。

  • 1. 被保険者の三親等以内の親族((1)に該当する人を除く)
  • 2. 被保険者の配偶者で、戸籍上婚姻の届出はしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある人の父母および子
  • 3. 2の配偶者が亡くなった後における父母および子

基本的には一般的な家族ならOK! ただし年収要件があります。 年収が130万円未満の場合(60歳以上又は障害者の方は180万円未満)で かつ被保険者の年収の半分未満であれば 被扶養者となれます。